IRでの企業の宣伝効果

IRとはInvestorRelationsの頭文字からとられた言葉です。アメリカで行われた企業が投資家に対して財務状況、業績などを発表したりする活動です。現在は日本でも多くの企業が行っております。上場企業は決算時期での財務体質、業績などを発表しなくてはいけませんが、それは、世間一般に対してです。また、広告という面からしたら、テレビ、新聞、雑誌などが広く行われております。投資家に対しての広告はそれとは異なります。投資家が知りたいのは、企業の短期における状況です。その為、四半期での決算状況、業績、今後の展望などが投資家の知りたい情報になります。企業も安定した株主が必要です。昔のように企業が株を持ち合う時代ではありません。個人の投資家、機関投資家に安定して株を持ってもらうことが企業の安定につながります。そのためにもIR活動は重要になります。

企業がIRを行う必要性

上場企業では、メインバンクがその株を持つことは当然ですが、関係する企業においても株を持ち合っておりました。しかし、株が上がっているときはよいのですが、株が時価総額で決算に反映するようになると、株が下がってきた時に株を持っていると、決算にも影響するようになってきて、株を安定的に持つことが企業にとって悪影響を及ぼすようになってきました。そのため、企業間において株の持合が少なくなってきました。株を安定的に持ってもらうために、企業だけでなく、一般投資家、機関投資家の必要性はアップしてきております。一般投資家、機関投資家へ株を持ってもらうためには、定期的に財務体質、経営状況を報告する必要が発生しました。それがIR活動です。アメリカで行われた活動ですが、日本においても多くの上場企業が行っております。

投資家は良質なIRを求める

仕事で入る給料では満足できないと、何らか副収入を得ようとする人が少なからずいます。インターネット上には数多くのサイドビジネス関係の情報が出回っていますが、相応の見返りがあるものというと投資でしょうか。投資信託や不動産の購入など、投資にもたくさんの種類があります。最近では外貨の相場変動を利用した投資もはやっています。そのうちの一つ、株式投資を行う上で重要になってくるのが、企業の方針や経営の妥当性といったことを記した情報です。IRと呼ばれるこの情報がないことには、投資家はどの企業の株価が上がりそうかと予想を立てることができません。今の時代、投資を行うのは何らかの企業や機関ばかりではなく、個人で投資を行う人も増えてきています。個人投資家たちへの指標となるため、良質なIRの迅速な開示が求められています。

従来よりもサービス対象エリアの拡充を強化し、より多くのエリアにてお客様のご満足を全力でご提供いたします。 長年のノウハウを持つ革新的な証券代行業務により、お客様の証券業務を、サポートをさせて頂ける事が他社との違いです。 定期的にIR・SRコンサルティングセミナーを開催しており、多数の上場企業の方々にご参加頂いております。IRは圧倒的シェア率を誇ります