資金調達に必要なIR活動

IR活動は、インベスターリレーションズの頭文字を取ったもので、企業から投資家に情報を提供し、その投資活動を誘引するために行います。企業は、投資家に自社のメリットを理解してもらい、戦略的にお金を集めることを目的としています。投資家は、各企業の経営方針や業績を比較検証し、自己の資産を投資してお金を運用し、さらにお金を殖やそうと考えます。このため、投資家が企業に対する目には厳しいものがあり、投資家からの質問に答えるだけでなく、投資家からの意見を取捨選択して、企業経営に取り入れ、経営改善につなげていくことが必要です。企業にとって運営資金を調達するためには、市場から直接調達することが手っ取り早いのですが、そのためには投資家に自分の企業に投資してもらえるようその魅力を発信していく必要があります。その有力な手段としてもIR活動を展開する必要があります。

なぜ企業はIRに力を入れているのか

IRとはInvestorRelations)の略であり、企業が投資家に向けて経営状況や財務状況、業績動向に関係する情報を発信する活動のことです。日本では「投資家向け広報」と呼ばれることもあり、ホームページやセミナー、年次報告書などの媒体により行われます。法律上は会社法により決算を公告する義務がありますが、逆に言えば法律に定められていること以上を広報する義務はありません。それにも関わらず多くの企業がIRに力を入れるのは、資金調達の観点から投資家に対して積極的に情報を公開する必要があるためです。投資家からすれば、経営状況や財務状況、業務動向が不透明な企業は将来の業績予想等が行うことが難しいため、投資の対象から除外してしまいます。また、良好な企業イメージづくりにも貢献するものであり、信頼性の高いとされている企業ほどIRに力を入れている傾向にあります。

IR情報を投資に活用する

株式投資をする際には、投資をする会社の財務情報などをきちんと把握しておいた方が良いです。なんとなく株式を購入して投資をしてもなかなかうまくいくものではありません。通常、企業が投資家向けに開示する情報は、IR情報と呼ばれています。INVESTMENTREPORTのことで、損益計算書や貸借対照表、キャッシュフロー報告書などの財務情報はもちろんのこと、決算ごとに発表する決算短信や有価証券報告書などを作成して開示する義務が証券市場上場会社にはあります。決まったフォームや項目について報告をする必要があるため、作成するほうは結構面倒なものですが、投資家からすると、同じ形式で情報を得られるので、企業ごとの比較が大変しやすくなっています。多くの企業がインターネットのサイトに掲載をしていて、いつでも情報を得られるようになっています。