「IR」で投資判断に必要な企業情報を発信する

近年、企業活動を推進する際に、「IR」という用語がよく登場するようになりました。これは「インベスター・リレーションズ(InvestorRelations)」の略称で、企業が株主などの投資家向けに行う広報活動のことです。具体的な内容としては、決算に関連する報告会の実施や年次事業報告書等の作成、自社サイト上での情報開示などが挙げられます。従来は、機関投資家や証券アナリスト、報道関係者などを主な対象としていましたが、個人投資家の増加に伴い活動内容も拡充されています。通常の「PR」が、その企業にとってポジティブな情報のみを提供するのに対し、「IR」では将来的な投資判断に必要な材料が幅広く求められます。自主的に行われる情報提供のため、開示方法や内容は企業側で決定できますが、経営判断の妥当性や根拠などを投資家へ明確に発信する必要性があります。

IRの概要・良い部分

IRの概要は、投資の判断に必要な情報を企業が株主や投資家に提供するのが主な内容です。互いの信頼関係を築き、より良い交流関係の元で情報交換していくことが魅力的な部分です。投資にはリスクが生じます。1人でやっていてもし失敗したらとても悩むことにもなりかねません。誰かサポートしてくれる人がいるととても心強いので、活用してみる価値は十分にあります。IRに関してご存知ないと、便利なのに活用出来ないまま取引が進んでしまいますので、誰からのサポートが無くても成功している方は沢山いますが、失敗するリスクが大きいことも把握して、事前にサポートをしてもらった方が安全です。どうやって利用し始めれば良いのかはインターネットなどで調べたらすぐに分かりますので、心配な現状を打開すべく行動に移してみることをオススメ致します。

IRを見れば会社の状況がわかります

IRとは、投資家向けの情報のことであり、会社の中身がすべてわかる資料や株主向けの情報開示などがされています。よく大企業ならば安心といいますが、意外と大企業は有利子負債が多く、財務健全性が悪かったりもします。どちらかというと、銀行から融資をたくさん受けていたりもするわけです。専門用語も多く、何をいっているのかわかりにくいですが、IR初心者が注目してほしいところは、どの程度自己資金で利益を出せているかです。自己資本利益率です。PERやPBRなども大切ですが、株価はその指標だけでは左右されていません。実際銀行などはこれらの指標が低い(割安)なところがたくさんあります。逆に割高なのに、株価が上がっているところもあります。そこで、自分のお金できちんと商売ができているのかをいう視点をプラスして見てみてください。意外な事実も見えてきます。